<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

紅葉

c0144038_1025666.jpg

自然に囲まれた石原荘は、赤や黄色のもみじや銀杏と針葉樹の深い緑、そして透きとおる様な秋の青い空のコントラストがとても綺麗です。
今、紅葉のピークを迎えています。
[PR]
by ishiharaso | 2007-11-30 10:33 | 季節のお便り

秋の花

c0144038_21365687.jpg
c0144038_21371145.jpg

[PR]
by ishiharaso | 2007-11-22 21:38 | 季節のお便り

結納祝い

c0144038_123549.jpg

石原荘で特別な結納をご用意しました。

天降川沿いでの結納式。
(あもりがわ)


赤い毛氈の椅子に腰掛けて、
桜茶とかための杯をご用意しました。

清々しい秋風の吹く中、木漏れ日の降り注ぐ結納式は
心に残る1ページを刻んでいただけることでしょう。

川沿いでの結納式は
お天気に恵まれた日だけの
特別メニューです。
[PR]
by ISHIHARASO | 2007-11-18 22:19 | 妙見石原荘

足湯でのひととき

ある晩、食菜石蔵でご夕食を食べられたお客様に、

「最後のデザートは足湯でご用意いたしましょうか?」
とおすすめしました。

これがとても好評でした。
焼酎も一緒に水菓子を食べながらの足湯はおすすめです。

2名さまから4名さまなら、ゆっくりと星を眺めながらの足湯を
満喫できますよ。

夜は真っ暗。と思われますが、
川の流れをライトアップしてるので、とっても素敵です。

月明かりの中、絶景の足湯は妙見石原荘のおすすめです。
[PR]
by ISHIHARASO | 2007-11-16 21:59 | 妙見石原荘

源泉100%の訳。

妙見石原荘の温泉は源泉100%かけ流し。

源泉の温度は56度。熱くて入れないですね。
普通は温度を冷ますために水を加えるでしょう。

妙見石原荘でも15年前はそうでした。

でも、大変なのは温泉の配管の掃除です。湯の花が付着した管はあっという間に
詰まります。

昔の社長の仕事は毎晩、管掃除でした。

社長は、
これでは大変だという訳で、猛烈に温泉について勉強しました。
すると、あることに気づいたのです。

温泉は空気にも水にも触れなければ無色透明だ!ということに。

湯口まで空気と水には触れずに出せば、
管が詰まることもないのです。

そこで、熱交換器に出逢い、
現在の源泉100%かけ流しを実現できました。


熱交換機を利用できるにはいくつか条件が必要です。
1、自家源泉であること。
湯船と源泉が近くにないといけません。

2、温泉が自噴する。
温泉の威力はすごいです。
新しくできた石蔵の客室は、3階建てですが
温泉が自噴して客室まで行くほど。
温泉力がすごい。


3、水が豊富にあること。
温泉を冷却する山水も豊富にないといけません。
石原荘には2本の井戸水と山水が毎日有り余るほど
出ております。

水と温泉を混ぜるのではなく、温泉のパイプと水のパイプを交互に
置くことによって冷却します。
車のラジエターみたいなものです。

いろいろな条件をクリアして現在の100%かけ流しが
実現できました。

100%源泉かけ流しは、本物の温泉です。
[PR]
by ISHIHARASO | 2007-11-10 06:52 | 妙見石原荘

いい湯だなー。

湯守の苦労。。。

温泉の湯加減を調節するのは難しいです。


妙見石原荘では
その日の温度、湿度で適温を割り出して微調整を毎日しております。

もちろんお客様の個人差もありますので、
パーフェクトではないですが。。


お客様から「いい湯だなー。」の声が聞こえてくるように
日々努力の毎日です。

c0144038_1651058.jpg

[PR]
by ISHIHARASO | 2007-11-07 16:06

OPEN石蔵

c0144038_16522773.jpg

石蔵OPENしました。
鹿児島には昔から石の文化があります。

この石蔵は鹿児島県の宮之城、山崎という地に
米倉としてもともとあったものです。

ひとつひとつ石を積み上げて完成しました。
ぜひ一度その雄大な姿を見にお越しくださいませ。

c0144038_1613329.jpg


妙見石原荘にある足湯は絶景です。

天降川の豪快な眺めを見ていると、日ごろの疲れも一緒に流してくれるようです。
(あもりがわ)

お天気の良い日は日傘が必要かも!?

清々しい秋風の心地よい季節にぜひお越しくださいませ。
c0144038_21402118.jpg
c0144038_21372393.jpg

[PR]
by ishiharaso | 2007-11-03 18:21 | 妙見石原荘