カテゴリ:足をのばせば( 36 )

霧島トレッキング (硫黄山&甑岳) 第1部

◆◆◆「ここが南国鹿児島か!?」、「これが低山の登山か!?」◆◆◆
◆◆◆見どころ満載の霧島トレッキング紀行です。◆◆◆



石原荘のメンバーが霧島ジオパーク推進委員の方々と
霧島のトレッキングに行ってきました。

長編になりますので、3回に分けてお伝えします。
まずは第1部です。

新燃岳噴火の影響で入山禁止の状態が続いている霧島連山ですが
入山可能で且つ、見ごたえのあるえびの高原近辺の山々を体感して
その素晴らしさを広めようという取り組みです。

まずは、えびの高原の「エコミュージアムセンター」にてジオパークについてと
今回トレッキングする硫黄山と甑岳についてレクチャーを受けました。
(甑岳は、その形が甑(土器)をひっくり返したような形をしているから、
そう名付けられたという説があるそうです。)

c0144038_17451127.jpg

c0144038_17441917.jpg


  【ジオパークとは】
  地球科学的に見て重要な自然遺産を含む自然に親しむための公園。
  「世界ジオパーク」と「日本ジオパーク」があります。

   日本ジオパークネットワーク:
   http://www.geopark.jp/

  「霧島ジオパーク」は、「日本ジオパーク」に2010年9月に認定を受けています。

c0144038_17512575.jpg


「エコミュージアムセンター」には、火山やジオパークに関するいろいろな展示物があり
なかなかの見ごたえです。

c0144038_17525412.jpg

c0144038_17531232.jpg


さて、いよいよ本題(トレッキング)です。
今回のトレッキングコースは以下となります。

「韓国岳(からくにだけ)登山入口」 ~ 「硫黄山(いおうやま)」 ~ 「不動池(ふどういけ)」 ~ 「甑岳(こしきだけ)」 ~ 「下山」

まずは、登山口で準備運動です。
昨日からの冷え込みで、雪が降ったらしく辺りは雪が積もっています。
元気に体操をします。

c0144038_17561416.jpg


「韓国岳(からくにだけ)登山入口」から、韓国岳を臨みながら登山開始です。
雪をたたえた韓国岳の勇士は感動的です。

c0144038_18334290.jpg


5分も登るともう硫黄山に到着です。ここは登山初心者の方でも気軽にこれる場所で
おすすめです。

c0144038_18411453.jpg


硫黄山は雪が降らなくても、硫黄の影響で真っ白らしいです。
今回は、雪と硫黄で一面の銀世界。

そして、硫黄山には硫黄の塊がごろごろと転がっています。
(黄色いのが硫黄です。火をつければ燃えるそうです。国立公園ですので持ち帰りは厳禁です。)

c0144038_18435045.jpg


ガイドさんがいろんなお話をしてくれます。
(このあたりの石はマグマが冷えて固まったもので、「ケイ素」となっていて
「ガラスの上を歩いているようなものだ」・・・などなど)
やっぱりガイドさんがいると色々と為になりますし、心強いです。

c0144038_18451620.jpg


いろいろとお話を聞きながら、次なる目的地(不動池)へ移動します。
すると先頭を歩いていたメンバーが、「おぉぉっ!!」と唸りました!!
「何々??」と駆け寄ってみると・・・

c0144038_1852637.jpg


これから向かう「甑岳」の背後に雲海が広がっているではありませんか!!
これには一同感動です。遠くの山々(熊本方面)も雪化粧です。

c0144038_18554922.jpg


興奮冷めやらぬ中、「不動池」を目指します。
すると、また「おぉぉっ!!」の声が。

なんと不動池が一面凍り付いています。

c0144038_18572236.jpg


これにまた一同感動。

c0144038_1913155.jpg


霧島というと「韓国岳」や「高千穂峰」がまずあがりますが
どうしてなかなか周りの低山にも魅力が満載です。

というわけで、ここで第1部完結です。
第2部で「甑岳」を目指します。

引き続き、色々な感動がありましたので
またお楽しみに。

硫黄山について
[PR]
by ishiharaso | 2012-01-19 19:03 | 足をのばせば

霧島トレッキング (硫黄山&甑岳) 第2部

霧島のトレッキング (硫黄山&甑岳)の第2部です。
「不動池」まで到着しましたので、次は「甑岳」を目指します。

「不動池」に降りるトレイルに下記の看板がありました。

c0144038_193293.jpg


「オオヤマレンゲ」に関する看板です。
今「オオヤマレンゲ」は自生するものを見ることが難しい状況と言う事でした。
「エコミュージアムセンター」に植えてあるそうです。
自然に入り込んでそれを満喫するのも楽しいですが、守るべきものは
きちんと守っていかなければいけません。マナーを守って楽しいトレッキングをしたいものです。

凍てついた「不動池」を後に、「甑岳」を目指します。
トレイルは看板もしっかりとし、とてもよく整備されています。
とても歩きやすいトレイルです。しかし油断すると凍結の為、滑って転ぶ可能性あり!注意が必要です。

c0144038_19372117.jpg


途中、ガイドさんと楽しい会話が盛り上がります。
「かえではなぜ「かえで」というか?」、「モミとツガの見分け方は?」、
「この植物は曲げても折れない木で・・・」などなど、勉強になります!!

c0144038_19424099.jpg


こんなところに、森の妖精が!? (参加メンバーでした・・・。)

c0144038_19443585.jpg


これは「ムラサキシキブ」という植物だそうです。
きれいな紫の実をつけていました。

c0144038_19454982.jpg


このあたりはアカマツが多く自生しており、
近くの白鳥のアカマツは東大寺の大仏殿に使用されているそうです。
「奈良に行ったときは、チェックせねば・・・。」 とメモをとる参加メンバー。

c0144038_1948365.jpg


だんだん道が険しくなってきます。頂上が近づいてきたのか・・・。

c0144038_19524052.jpg


険しい道のりを登ること約20分、頂上が近づいてきて視界が開けてきました。
韓国岳が眼前に迫ってきます。

頂上に達する直前ですが、ここで第2部の終了です。

第3部では、ついに甑岳の頂上に到着です。
では、お楽しみに。


不動池について
[PR]
by ishiharaso | 2012-01-19 19:02 | 足をのばせば

霧島トレッキング (硫黄山&甑岳) 第3部

霧島トレッキング (硫黄山&甑岳) 第3部(完結編)です。
不動池から甑岳をめざし登山を続けてきましたが、道のりも険しくなり
いよいよ山頂が近づいてきました。
韓国岳がちらほら見え隠れしますが、「頂上に着くまでは見ないぞ!」と
変な決意を胸に一路頂上を目指します。

c0144038_2022379.jpg


頂上が見えてきました。
我慢していた韓国岳の勇士を目に焼き付けます。

c0144038_20273240.jpg

c0144038_20275548.jpg


韓国岳の両裾野には、左に「高千穂峰」、右に「桜島」と絶景です。
皆、写真を撮るのみ夢中です。
分かりますか?右手にかすかに桜島が。。。

c0144038_20284112.jpg


左手後方には高千穂峰が、雲の隙間から雪をたたえてお出ましです。

c0144038_2029072.jpg


この絶景には一同感動。
そして、ここでお待たせのお昼御飯です。

韓国岳を背にバナナをパクリ。

c0144038_20293363.jpg


やはり、このロケーションでいただくご飯は格別です。
(石原荘ではお弁当もお作りいたしますので、ぜひお問い合わせください。)
c0144038_1963995.jpg

こちらは 石原荘お弁当の一例

c0144038_20295516.jpg


甑岳は、山頂が火口湖になっておりそこが霧島連山唯一の湿地帯となっています。
そこまでおりることができるそうですが、今回は時間の関係で行きませんでした。

c0144038_203869.jpg


ふと足元を見ると、あるものを発見!!
これはもしかして、「ロブーーーーッ!!!???」

c0144038_20411718.jpg


なわけがありませんでした。

楽しい登山もあとは降りるのみ、惜しみながら帰路につきます。
登山は、下山時に事故が起きやすいものです。
皆気を抜かず、下山します。

c0144038_20441660.jpg

c0144038_2045429.jpg


県道1号線にたどり着きました。
c0144038_204534100.jpg


バスを待つちょっとした広場で整理運動をします。
すじを伸ばしすぎないように優しく、ゆっくりと。
締めのの挨拶がここでありました。お疲れ様でした。

長いようで短かった今回のトレッキングも終わり、「エコミュージアムセンター」に帰ってきました。
ここは足湯やカフェ、お土産屋さんなどあり、とても便利な所です。

c0144038_20522051.jpg


最後に、ジオパーク推進委員の方々と記念撮影。
お天気にも恵まれて、大変「勉強になる」、また「楽しい」トレッキングでした。

霧島連山は現在、縦走などはできませんが、そのほかにも見どころ満載です。
霧島トレッキングをお考えの方は、お弁当などもご用意できますので
ぜひ妙見石原荘までご連絡ください。

妙見石原荘
電話:0995-77-2111
[PR]
by ishiharaso | 2012-01-19 19:01 | 足をのばせば

指宿と桜島の旅~台湾の研修生たちと

石原荘から車で約1時間30分。
指宿の知覧特攻平和会館へ行きました。
c0144038_1732717.jpg

自分たちと同じくらいの年齢の人がたくさん亡くなったことは本当に哀しいことです。
戦争を二度と繰り返さないためにも、
戦争を経験したことがない私たちが語り継ぐことが大切だと改めて思いました。
c0144038_1761765.jpg

お昼ご飯にそうめん流しの唐仙峡へいく途中、
開聞岳が! 海沿いで綺麗に見えました!
c0144038_17135478.jpg

そうめんとますの塩焼き、おにぎり、鯉こくとお腹一杯になりました。
c0144038_17154610.jpg

池田湖では、巨大うなぎにも逢えましたよ。ちょっとびっくりです。
c0144038_17172788.jpg

指宿白水館にある薩摩伝承館で鹿児島の美術品を鑑賞しました。
c0144038_17193361.jpg

続いて知林ヶ島へ!
3月から10月にかけての大潮又は中潮の干潮時には、
長さ約800mの砂州(砂の道)が出現し、知林ヶ島に歩いて渡ることができます。
時間がなくて島まで渡ることはできなかったですが、
とっても素敵な無人島でした。
c0144038_1725116.jpg

砂浜を歩いて汗をかいたので、いざ砂蒸し温泉へ。
産まれてはじめての経験でした!たくさん汗をかいて気持ちよかった~!!
c0144038_1728015.jpg

締めくくりに、桜島が噴火しましたよ(笑
本当に楽しい一日でした。

宿泊は知覧の富屋旅館に宿泊しました。
http://www.tomiyaryokan-chiran.jp/

c0144038_17392026.jpg

特攻隊の方々がご飯を食べていた場所で朝食を頂きました。
c0144038_17422793.jpg

朝食の後、この富屋旅館を守っている女将さんのお話を聞きました。
命の尊さ・生きることの大切さをたくさん学びました。
本当に感動するお話でした。
c0144038_17453993.jpg

満喫した指宿をあとにして、
指宿スカイラインで鹿児島市内へ向かう途中
錦江台展望公園へ。
c0144038_17512432.jpg

ここからの桜島と鹿児島市内は絶景でした!続いて仙巖園へ
c0144038_17535446.jpg

薩摩切子を作成する様子を見れました。
皆さん真剣なまなざしで頑張っていました。薩摩切子は素晴らしいガラス工芸品です。
c0144038_1805364.jpg

仙巖園の中で島津のお殿様が来ていた甲冑がありました。
かっこいいですね。
c0144038_1842587.jpg

磯御殿では、着物姿の素敵な鹿児島おごじょの
説明とご案内があり、その後お菓子とお抹茶を頂けます。
c0144038_1861489.jpg

ここのお庭から見る桜島も絶景です!
c0144038_1883256.jpg

続いてフェリーで桜島へ渡ります。
フェリー乗り場へ行く途中に両棒餅を買いました!
c0144038_189835.jpg

c0144038_18115094.jpg

風が強く気持ちが良いです~。絶景ですね。
c0144038_1814786.jpg

近くで見る桜島はとっても迫力がありました。
ふるさと観光ホテルの混浴露天風呂や黒酢工場も立ち寄りたかったですが・・
時間が足りませんでした。
でもとっても充実した旅でした。お客様にもこのコースを薦めたいです。
ぜひ皆様のお越しをお待ち申し上げております。
[PR]
by ishiharaso | 2011-08-05 17:30 | 足をのばせば

蕎麦打ち体験 in霧島

がまこう庵の蕎麦屋さんで本格的な蕎麦打ち体験をしました。
c0144038_18313360.jpg

蕎麦の材料はすべて手作りだそうです。
c0144038_18341718.jpg
c0144038_18345714.jpg

c0144038_183363.jpg

ここで修行を積んで蕎麦屋を始めた方が20人ほどいるそうですよ!
c0144038_18324636.jpg

c0144038_18355011.jpg

蕎麦の出来上がり。
やっぱり太くなってしまったので・・・(汗
温かい蕎麦でいただきましたよ。
c0144038_1401094.jpg

台湾のみんなは、
はじめて温かい蕎麦を食べましたが、とっても美味しかったです。と
喜んでいました!!

ここのざる蕎麦は細くて蕎麦の香りがふわっとする
とても美味しい蕎麦です。
ぜひお出かけください。
c0144038_183826100.jpg

高千穂牧場へ行きました!
ここからみる霧島連山は絶景です!
右から高千穂の峰・中岳・新燃岳です。
高千穂牧場のソフトクリームも美味しかったです。
c0144038_18391865.jpg

えびの高原に向かう途中
丸尾の滝で涼みました~
c0144038_18395785.jpg

c0144038_18401847.jpg

大浪の池で記念撮影。
夜は鹿児島神宮の六月灯へ。
c0144038_1841116.jpg

鹿児島は旧暦で行事をします。
c0144038_18414536.jpg

本格的な太鼓も楽しみました!
最後は花火で締めくくり。
c0144038_1355570.jpg


蕎麦打ち体験は初めてです。
台湾はこの体験をすることがないと思います。
私にとって、すごく特別の体験でした。
日本の夏といえば、やはりお祭と花火ですね。
いい思い出を作りました。    陳

蕎麦打ち体験は初めてなので
完成品はあまりよくないかもしれませんが
台湾はこんな体験はございませんので
とても楽しいです、色んな体験できました
今回の日本での夏休みは忘れがたい思い出になります
                    葉


蕎麦打ち体験は私にとって、とても珍しい体験です。
その日がとても楽しかった。その理由というのは、
私達が作ったの蕎麦の形は太るとか細いとかありますよ。
そして、台湾でずっと日本の花火大会と祭を参加したいんです。
やっと、体験できました。その思い出は忘れないと思いました
                      林
[PR]
by ishiharaso | 2011-07-30 18:47 | 足をのばせば

この季節におすすめのエコツアー

石原荘の横を流れる天降川の奥地を沢登りしたり、
山で採れる魚や山菜を採って食べれる自然溢れる
おすすめのエコツアー。

手付かずの自然を体いっぱいに感じて楽しめます。
ぜひ、おすすめです。
c0144038_17593310.jpg


今年初夏にエコツアーに参加されたお客様からの感想を
少しご紹介いたします。

60代女性 東京
思ったよりスリル満点で楽しかったです。
妹夫婦も誘ってまた来たいと思います。
興松さんの奥様、妹様も感じの良い方でお世話になりました。
鶏肉、鮎の塩焼き、とても美味しいでした。
自然の中で食べるのは格別ですね。
充分楽しませていただきました。


40代男性 スイス
「環境保護」が問題になっていても、実際に自然に触れる機会が
なければ具体的な動き方はわからないと思うので、このツアーのように、
多くの人たちが、直に自然の中での喜びを体験する事は
とても大切な事だと思いました。


30代女性 神奈川
大人も子供も自然と触れ合うことができて、
とても楽しい思い出になりました。


10代男性女性 神奈川
「先生」が優しくて、虫をとる事ができて、
楽しかったです。
魚を探したり、コウモリを見つけてくれたり、
とても楽しかったです。また来たいです。


60代男性 神奈川
お昼ごはんを川沿いで食べる事ができたり、
手作りのおかずに感動しました。


たくさんのコメントありがとうございました。
c0144038_1632882.jpg

短い3時間コースや5時間コース。
季節の移ろいを感じるエコツアーは、野鳥や山野草を楽しめるコースなども
1年中ご用意します。大人でもお子様でも楽しめるコースもあります。

ご予約は3日前までに料金はお弁当込みでお一人様5,000円~(保険代込)
+基本料金5000円。
私達、田舎育ちのスタッフでも感動したこのツアー。

都会のお客様ならもっと感動していただけると実感しました。
ぜひご参加ください。      

NPO奥天降霧島 興松久夫さん 
0995-55-4038 okimatsu@po.mct.ne.jp
[PR]
by ishiharaso | 2011-07-10 17:55 | 足をのばせば

夏越の祓 霧島神宮

c0144038_1412636.jpg

霧島神宮で6月30日。夏越の祓が行なわれています。
直径2メートル程の輪を、左右左と3度くぐる、茅の輪。

過去半年の罪穢を祓い清め、残る半年期を新たな活力を養い、
力強い前進の第一歩を踏み出しましょう。


水無月の
夏越の祓へする人は
千歳の命
延ぶといふなり

c0144038_14172859.jpg



石原荘から車で1時間30分。鹿児島県大口市にある曽木の滝
c0144038_14244971.jpg

東洋のナイアガラと言われる大きな滝です。虹がかかって綺麗でした

曽木発電所遺構
c0144038_14254650.jpg

c0144038_14293333.jpg

大口市は「伊佐美」や「伊佐錦」など焼酎の産地ですが、こんな避暑地も近くにあります。
ぜひ足をのばしてみてください。
[PR]
by ishiharaso | 2011-06-30 14:32 | 足をのばせば

花かごしま2011

花かごしま2011の開催がせまってきました。
開催期間は2011年3月18日(金)~5月22日(日)。

c0144038_2223406.jpg


吉野公演をメイン会場として、様々なイベントが予定されています。
当旅館でも、入場券の取り扱いをいたします。
普通入場券(当日)お一人様800円
(無料対象者:高校生以下、18歳未満、70歳以上及び
障害者手帳等保持者とその介護者1名)

是非、花と緑あふれる鹿児島にお越し下さい。

※一般駐車場がござません。
お気をつけ下さい。
[PR]
by ishiharaso | 2011-03-15 22:39 | 足をのばせば

奥天降流域エコツアー

石原荘スタッフでエコツアーに参加しました。
c0144038_838584.jpg

石原荘から車で10分の嘉例川駅にガイドの興松さんと一緒に。
c0144038_8385149.jpg

霧島はジオパークに認定されました。その霧島連山が一望できます。
c0144038_974067.jpg

ガイドの興松さんの手作りの竹コップ。
c0144038_8394423.jpg

大出水の湧水を汲みいただきました!!美味しい!軟水で毎分40トンこんこんと湧き出す
神秘の水です。
c0144038_981399.jpg

c0144038_984163.jpg

竹のコップでいただくと香りと一緒にとっても美味しくいただけました!
c0144038_8403010.jpg

霧島温泉駅で10分ほど停車する特急列車「はやとの風」。鹿児島中央駅と吉松をむすび、
いさぶろう号と接続する人気の観光列車です。
c0144038_995565.jpg


c0144038_9104639.jpg

いよいよエコツアー本格的に。路なき路を進みます。
c0144038_842678.jpg

現れたのは馬込の貫。西郷隆盛さんらとここに来て、トンネルの開拓を成し遂げたそう。
手彫りでこの貫を完成させました。
c0144038_911288.jpg

神秘的で感動です。
c0144038_932065.jpg
続いて立ち寄ったのは坂本龍馬さんとお龍さんの記念館
c0144038_9325352.jpg
途中願い事が叶うといわれるところで「のんのん」しました。
特に恋愛事にご利益があるとか。

トイレ休憩の後、待ちにまったお昼ご飯。こんな山奥に火をおこして待ってていただきました!
感謝。感謝です。
c0144038_851323.jpg
c0144038_9391214.jpg

採れたての椎茸と赤鶏のもも肉を炭火でいただきました!!あったかくて美味しい!!
美味しいおにぎりや温かいお茶などもご用意していただきました。嬉しい心使いです。
c0144038_9394172.jpg

お昼が済んだら本格的な沢登り。
c0144038_8523654.jpg

雨靴はいて川を歩くなんて・・初めてで面白い探検でした!!
c0144038_8543410.jpg
c0144038_85677.jpg

川水に足をとられそうですが、深くなくて浅い場所ばかり。
こんな川を歩ける場所はそうないようです。
スリルもあり面白いところでした!!
c0144038_91293.jpg

最後にはおやつの準備もしていただいてました。
エコツアーの皆さんありがとうございました!!!!
c0144038_858216.jpg

妙見石原荘がおすすめするエコツアーいかがでしたか。
朝9時30分から14時までのツアーを今回はご紹介しました。
もっと短いコース。長いコース。
季節の移ろいを感じるエコツアーは、野鳥や山野草を楽しめるコースなども
ご用意できるそうです。お子様でも楽しめるコースもあります。
ご予約は3日前までに料金はお弁当込みでお一人様5,000円(保険代込)
+基本料金5000円。
私達、田舎育ちのスタッフでも感動したこのツアー。
都会のお客様ならもっと感動していただけると実感しました。
ぜひご参加ください。       NPO奥天降霧島 興松久夫さん 
              0995-55-4038 okimatsu@po.mct.ne.jp
[PR]
by ishiharaso | 2010-12-01 09:57 | 足をのばせば

垂水

石原荘から海沿いを車で40分くらい走ると、垂水道の駅があり,
日本一長い足湯があります。
桜島と広い海を眺めながらの足湯はとても気持ちがいいです。
c0144038_1318503.jpg

目の前にはカンパチノ養殖いけすがあり、
道を挟んで向かいのマミーズカフェでは、野菜ソムリエ№ワンのとても
気さくなお姉さんが、その日の気分を言うと体調に合わせたジュースを
作ってくださいますよ  
近くを通るときはお立ち寄りください。 畦地
c0144038_13193688.jpg

                      
[PR]
by ishiharaso | 2010-11-15 13:21 | 足をのばせば