霧島トレッキング (硫黄山&甑岳) 第3部

霧島トレッキング (硫黄山&甑岳) 第3部(完結編)です。
不動池から甑岳をめざし登山を続けてきましたが、道のりも険しくなり
いよいよ山頂が近づいてきました。
韓国岳がちらほら見え隠れしますが、「頂上に着くまでは見ないぞ!」と
変な決意を胸に一路頂上を目指します。

c0144038_2022379.jpg


頂上が見えてきました。
我慢していた韓国岳の勇士を目に焼き付けます。

c0144038_20273240.jpg

c0144038_20275548.jpg


韓国岳の両裾野には、左に「高千穂峰」、右に「桜島」と絶景です。
皆、写真を撮るのみ夢中です。
分かりますか?右手にかすかに桜島が。。。

c0144038_20284112.jpg


左手後方には高千穂峰が、雲の隙間から雪をたたえてお出ましです。

c0144038_2029072.jpg


この絶景には一同感動。
そして、ここでお待たせのお昼御飯です。

韓国岳を背にバナナをパクリ。

c0144038_20293363.jpg


やはり、このロケーションでいただくご飯は格別です。
(石原荘ではお弁当もお作りいたしますので、ぜひお問い合わせください。)
c0144038_1963995.jpg

こちらは 石原荘お弁当の一例

c0144038_20295516.jpg


甑岳は、山頂が火口湖になっておりそこが霧島連山唯一の湿地帯となっています。
そこまでおりることができるそうですが、今回は時間の関係で行きませんでした。

c0144038_203869.jpg


ふと足元を見ると、あるものを発見!!
これはもしかして、「ロブーーーーッ!!!???」

c0144038_20411718.jpg


なわけがありませんでした。

楽しい登山もあとは降りるのみ、惜しみながら帰路につきます。
登山は、下山時に事故が起きやすいものです。
皆気を抜かず、下山します。

c0144038_20441660.jpg

c0144038_2045429.jpg


県道1号線にたどり着きました。
c0144038_204534100.jpg


バスを待つちょっとした広場で整理運動をします。
すじを伸ばしすぎないように優しく、ゆっくりと。
締めのの挨拶がここでありました。お疲れ様でした。

長いようで短かった今回のトレッキングも終わり、「エコミュージアムセンター」に帰ってきました。
ここは足湯やカフェ、お土産屋さんなどあり、とても便利な所です。

c0144038_20522051.jpg


最後に、ジオパーク推進委員の方々と記念撮影。
お天気にも恵まれて、大変「勉強になる」、また「楽しい」トレッキングでした。

霧島連山は現在、縦走などはできませんが、そのほかにも見どころ満載です。
霧島トレッキングをお考えの方は、お弁当などもご用意できますので
ぜひ妙見石原荘までご連絡ください。

妙見石原荘
電話:0995-77-2111
[PR]
by ishiharaso | 2012-01-19 19:01 | 足をのばせば


<< 霧島トレッキング (硫黄山&甑... 睦(むつみ)の湯 平成24年 ... >>